人気ブログランキング | 話題のタグを見る

風琴亭

fuukintei.exblog.jp
ブログトップ

本日のオルガン。

本日のオルガン。
素晴らしい演奏と素晴らしい演奏者の方とあたたかいと言うか熱いお客様たちとの時が、楽しくて、心動いて、言葉に表せない幸せを噛みしめています。
まさか自分がワーグナーを弾くとも、合唱を歌うとも、想像ができませんでしたが、とても大切で豊かな人生経験を頂きました。

本当に心動かされる素晴らしいひとときでしたが、オーケストラの方も合唱の方も、準備される方々が満身の愛を込めて下さったお陰で今日に至ったこととつくづく思いました。
終演後は、会場が一つの喜びや歓喜に満ちて同調していたとも感じました。幸せと光が生まれた瞬間に立ち会わせて頂き、音楽家として最高に至福の時を受け取りました。ありがとうございました。
本日のオルガン。_f0160325_15454976.jpg

本日のオルガン。_f0160325_15455519.jpg
本日のオルガン。_f0160325_15462636.jpg


# by mausmirabilis | 2023-08-20 22:45 | コンサート関係 | Comments(0)

本日のオルガン。

本日のオルガン。
合唱団が起立すると指揮が見えないので、乗る椅子も必需品です。
オルガンの出番がない1幕3幕は、合唱団に入れて頂きました。オペラで歌うのは、初めてです!とても楽しく、そして貴重な経験を頂きました😊
明日8月20日午後15時開演です!

https://parsifal2013.jimdofree.com/演奏会情報/今後の演奏会/2023年8月20日-ローエングリン/
本日のオルガン。_f0160325_15430966.jpg

本日のオルガン。_f0160325_15431110.jpg


# by mausmirabilis | 2023-08-19 20:00 | コンサート関係 | Comments(0)

名古屋子どものための巡回劇場

一昨日。
名古屋市文化振興事業団の「なごやこどものための巡回劇場」にお伺いしました。

11時 西文化小劇場 
名古屋二期会「音楽物語 妖怪づくし」
守光明子さんの台本も倉知竜也さんの作曲も書き下ろしなのでしょうか?倉知さんの作品は、子ども向けだからと言ってソフティな技法に迎合することなく、子どもたちの直感にストレートに受け入れられる現代の音楽言語で表現されたもので、とても良かったと思いました。
そして、名古屋二期会のゴージャスなメンバー!!
赤ちゃんから小学生低学年の子どもたちが、(そして私も!)妖怪の物語にぐいぐいと引き込まれていき、吸い込まれていった、あっという間の1時間でした。
大変贅沢、としか言い様がありません。贅沢です。素晴らしかった。
舞台終了後に出演者がお見送りに出てこられたのも、子どもたちにはとても重要な経験だったことと思います。

14時 南文化小劇場
3団体でお届けするバレエ名作シリーズ くるみ割り人形
私は舞踊芸術のことはわかりませんが、とにかく楽しかった!
舞台に出ているジュニアから大人かな?までが、あれほど踊れるだけで、凄いなあと感動してしまいます。
3つの団体が協力して一つの作品を完成させるだけでも大変なのではないかと想像しますが、毎回主役に当たるメンバーが交代したりローテーションしたりして、なるべく多くのダンサーが大きな役を経験できる様な配慮も、素晴らしいと思いました。指導する側には幾多の負担にもなるのではないかといらぬ心配をしてしまいますが、それ程の、各バレエ団の後進を育てようと言う心意気も感じられました。
公演終了後に、憧れのバレリーナになったつもりのたくさんの子どもたちが踊りながら帰っていく姿にもまた、心温まり心動かされ…。

https://www.bunka758.or.jp/event/headquarters/files/pdf/2023-08-02_youkaidukushi.pdf

https://www.bunka758.or.jp/event/headquarters/files/pdf/b9cf9c26c157427e479fb31dc1c7618fb7af9be4.pdf
名古屋子どものための巡回劇場_f0160325_14582016.jpg

名古屋子どものための巡回劇場_f0160325_14582108.jpg


# by mausmirabilis | 2023-08-11 14:57 | 風琴徒然 | Comments(0)

名古屋音楽大学のお知らせを転送します。

名古屋音楽大学のお知らせを転送します。_f0160325_14373814.jpg
名古屋音楽大学のお知らせを転送します。ご協力、どうぞお願いいたします。

しらかわホールの存続を希望する署名をお願いします。

“しらかわホール”は、オーナーである三井住友海上火災保険株式会社の創業100周年(1994年11月)事業として建てられ、「人と音との出会いを通じて、豊かな文化を育み、夢と感動を届けるホールで有り続ける」の言葉の通り、最高の音響と設備を備え演奏家と聴衆をひとつにし、音楽を愛する市民、こどもたちの多くの思いを実現する場として存在してきました。この“しらかわホール”が、現在、存続の危機に面しています。

この度、名古屋音楽大学学長ほか、愛知県立芸術大学学長 、名古屋芸術大学学長が発起人となり、「しらかわホールの存続を望む会」が発足され、
ホールの存続を、所有者である三井住友海上火災保険株式会社に請願するべく、署名活動を開始しました。賛同いただける皆さんの声を集め、ホール存続につなげていきたいと考えています。
皆さんのご協力、どうぞお願いいたします。

署名のフォームは、画像のQRコードまたは、https://forms.gle/j9useYK9AQ6SUb1r5 からお願いいたします。 

ご家族、ご友人にもご協力をお願いしてください!

(以上本文)


名古屋の音楽関係の方には行き渡っているリンクだと思いますが、是非、音楽関係でない方も、中部地方ではない方もご覧いただき、ご賛同頂けるようでしたらお願いします。

私からのメッセージは以下の様に送りました。

 音楽は目に見えない心を動かすことができます。心動く経験から人は多くのことを想像し、想像したことを実現しようとする創造の力が生み出されます。そして、創造の力は生きる力でもあります。
 音楽は、私たち人間がそもそも喜びの存在であるということを思い起こさせてくれます。喜びを通して人の心はつながり、音楽を通して響き合い、平和や調和が生まれます。 
 しらかわホールは、名古屋市民のみならず中部地方の音楽を愛する人たちにとっての、心のゆりかごであり、ふるさとであります。しらかわホールにはこれからもどうか、名古屋の地で、心の豊かさの発信基地として、私たちの人生に寄り添い遂げる場所であって欲しいと願っています。


# by mausmirabilis | 2023-06-26 14:27 | 風琴徒然 | Comments(0)

名古屋女子大学でお世話になった在学生・卒業生のみなさんへ

新学期が始まって2ヶ月も経ってしまって、もういまさら......で申し訳ないのですが、みなさんには何も言わずに、ご挨拶もせずに退職してしまって、本当にごめんなさい。 11年間名古屋女子大学文学部児童教育学科でお世話になりました。
関わってくれたみなさんには、感謝の思いしかありません。

名女では保育も教育も全く分からないまま、いや、それ以前に日本の高校や大学のことも全く知らないまま先生になってしまいました。大学も、よく雇用して下さったと思います。 慣れるまで......、いや、慣れてからも(笑)いろいろ大変なこともあったけれど、みなさんの笑顔に心 癒され、みなさんに会うのが楽しみで、毎日頑張れました。
子どもの先生になるみなさんの優しさと芯の強さと頑張る力、人や物事との丁寧な関わり、周りへの配慮の仕方等々、それまで一人の音楽家でしかなかった私にとっては全てが新鮮で、私はみなさんの姿を 見ながら、人としての生き方を見直し、考え直すことができました。

ドレミのドからラフマニノフやショパンまでの多様なレッスン内容の中で、一人一人に合った声かけや レッスンの進め方、練習の方法も経験させてもらったことは、今でもこれからも物凄く重要な、かけがえのない宝物です。
「私、ピアノ苦手です!」って、泣きそうになりながらレッスンに来た子とも、できることをたくさん増やせていけたのもとても楽しかったし、そこから学べたこともたくさんありました。
そして、保育内容領域「表現」というとても重要な科目を11年間ずっと担当させてもらい、「表現とは」「生きることとは」という非常に大切なことを学ぶことができました。
この学びは、ただ単に私が 教える立場にあったからなのではなく、みなさんがいろいろなことを一緒に考えてくれて、活動してくれて、私自身みなさんから星の数の様にたくさんの気づきを頂いたからです。この貴重な経験があったから、私はコロナ禍で活動ができなくなった時にも望みを無くすことなく音楽活動を続けることができただけではなく、自分の人生の目的がはっきりと見えてきました。

最初は、オルガニストであり教会音楽が専門の私が何故保育に関わることになったのだろうと、自分でも不思議に思うことがありました。でも、この11年間を振り返ってみると、音楽家として、そして人として、私にとって絶対欠けてはいけない人生の大きな大切な部分をみなさんから頂いたと、ひしひしと感じています。本当に、ありがとう。

名古屋女子大学も、本当は、今辞めなくても良かったのかも知れない。
でも、51歳となった今(今年52ね(笑))もう一つ人生でやり遂げたいことに近づいていきたい、私の人生の最終目標に向かっていきたい、そしてその目標に自分から一歩踏み出す時期が来たと思いました。
ゼミ生を残して出てきてしまったことだけ、唯一、心苦しく痛かった。子どもを置き去りにするって、こんな感じなのかと思いました。本当に申し訳なく思っています。ゼミの子たちが優しすぎて、笑顔を作って私の退職の話を聞いてくれたのを思い出すと、今でも泣きたくなる。でも、みんな逞しく夢に向かって邁進している様子を聞いているので、陰からだけれども全力で応援しています。

今年から新しく始めた名古屋音楽大学での非常勤職では、パイプオルガンを教えています。
そして、パイプオルガンがある教室(ホール)の隣には幼稚園があります。
パイプオルガンを教えながらも、幼稚園の先生方や子どもたちの姿を見ながら、いつもみなさんのことを思い出しています。

まだずっと名古屋にいますし、コンサートも弾き続けます。ご都合よろしければ、会いにきてください。
結婚式でオルガンが必要でしたら、気軽にお声がけください。音源だけ差し上げることもできます ^^
サンタクロースの出動が必要でしたら、こちらもどうぞお気軽にお声がけください。シーズンは結構早く埋まってしまうので、なるべく早めにお知らせください。私の連絡先は、お友達同士で交換していただいて大丈夫です。このブログの鍵コメ機能を使って頂いても良いです。お返事少し時間かかったらごめんなさい。

そして最後に、お知らせです。 
こんな素敵なDVD教材を、新宿スタジオさんが制作してくださいました。
https://www.shinjuku-studio.com/d-319/
名古屋女子大学でお世話になった在学生・卒業生のみなさんへ_f0160325_16491060.png
みなさんも大好きなK上先生がいつも、オープンキャンパスで私のことを「この先生は練習しなくても弾けるピアノの技術を開発中だから」と紹介していました。もちろん「練習しなくても弾ける」は冗談 で、「練習すればちゃんと弾けるようになるから、大丈夫だよ」と伝えるところに着地したかった訳ですが。 そんなK上先生の冗談のような言葉と、そしてみなさんと関わりながら、なるべく練習の手間を省いてでも現場でピアノが使えないかなどということを考えている中で、このような結果として「練習しなくてもピアノが弾ける方法」、もとい、「感じたままに表現するピアノ奏法」が生まれました。

だから。
深い感謝のうちに、名古屋女子大学でお世話になったみなさんへ、そしてK上先生へ、この作品を捧げたいと思います。
みなさんと一緒にこのDVD教材は制作したと思っています。

どうかみなさんも身体と心に気をつけて、元気に過ごしてください。みなさんの幸せが子どもの幸せにつながります。

最後に、私が大切なお友達から頂いた言葉を、みなさんにも託します。
「人生が、一瞬一瞬の小さな幸せの積み重ねとなりますように。」


# by mausmirabilis | 2023-06-12 16:52 | 風琴亭・汐路館 | Comments(0)