風琴亭

fuukintei.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日本におけるドイツ音楽大学の資格について

ドイツの音楽大学を卒業された方へ。
もうご存知の方も多いかも知れませんが、私はつい最近知ったことなので、もしかしたらお役に立てるかもしれないと思い、覚書代わりにここに貼っておきます。

2015年に、一般社団法人国立大学協会、一般社団法人公立大学協会、日本私立大学団体連合会とドイツ大学学長会議 の間で「ドイツと日本との間における学術交流協定書」が交わされました。
その中で、ドイツの音楽大学の資格についても日本で何に相応するのかが明確化されました。
日本語はまだ「仮訳」となっていますが、
別紙1(7)に「音楽及び芸術」の項目があり、その下の項目に

(3) ドイツにおける、音楽もしくは芸術の分野における大学又は同等の高等教育機関によっ て授与される学位Diplom(ディプロム)は、Master of Arts(学術修士)の学位と同等と みなされるものとする。
(4) ドイツにおける、音楽もしくは芸術の分野での上級課程修了後のKonzertexamen(国家演奏家資格試験)又はMeisterschüler( マイスターシューラー)の地位又は同等の地位 は、専門的職業やその科目を教える資格に関連して、それぞれDoctor of Musical Arts(音楽学博士)並びにDoctor of Arts(学術博士)の学位と同等とみなされるものとする。

とされています。

日本語の仮訳の全文は、こちらで掲載されています。上記の文章もこちらから引用しました。
https://shidaikyo.or.jp/apuji/activity/pdf/j_g201506026_j .pdf
原文は英語で、Hochschulrektorenkonferenz(ドイツ大学学長会議)のHPに掲載されています。
https://www.hrk.de/positionen/beschluss/detail/rahmenabkommen-zwischen-der-hochschulrektorenkonferenz-hrk-der-japan-association-of-national-univ/

音楽活動をしている分には、ReifepruefungやKonzertexamenの名称だけで特に問題なく通用するのですが、私が音楽大学ではない大学教員としての履歴書にこれらの資格を書いた時には、今まで例がなかったことなので、研究者情報にもとりあえず「学士」として登録されていました。(私も、まあ、仕方がないかと思っていた。)
学士でも特に不自由はなかったのですが、来年度から別の大学の非常勤として講義科目を担当するに当たり、「少なくとも修士の資格が必要なのですが...」と言われ、「あれれ?」と探したところ、私が卒業したケルン音大のHPでは、私が持っている教会音楽科課程も演奏家コースのディプロムも終了資格が「Master of なんとか」となっていたので、とりあえずクリア。
その後、文科省の課程再認定の関係で履歴書などを書く必要があり、そう言えばReifepruefungって日本語で何て言うんだっけ?と軽い気持ちでググってみたら、上記のサイトに当たりました。

「専門的職業やその科目を教える資格に関連して...博士の学位と同等とみなされるものとする」
なので、もちろん博士そのものではありません。自分の専門を教える場合に限って、同等とみなされるということですが、もうそれだけのことを公式に言ってもらえれば、大抵の場合十分なのではないでしょうか。
(そもそもドイツではその頃総合大学で(音大ではなく)2科目以上(音楽学と教育学とか、音楽学と神学とか)全く異なる科目を取らないと修士さえも取れませんでした。音楽学を取るにはラテン語の終了証書が必要ですし、とにかくハードルが高い。ドイツの博士号を持っている人たちは、本当に凄い人たちです!)
Diplomが「修士の学位と同等とみなされ」Konzertexamenが「専門的職業やその科目を教える資格に関連して...博士の学位と同等とみなされる」と明記されたことによって、いろいろとすっきりしました。

他の保育・教職養成校などでも、ドイツの音楽大学を卒業した方が多く活躍されていると思います。これから教職に就くことになる方もいらっしゃると思います。もしもご参考になれば良いなと思い、リンクを残しておきたく、投稿しました。




[PR]
by mausmirabilis | 2018-03-21 12:02 | 風琴徒然

ドイツ・ケルン パイプオルガンの旅8日間

今年もまた朝日カルチャーセンター名古屋さんの主催で
「ドイツ・ケルンパイプオルガンの旅8日間」
が開催されます。
オルガン見学だけではなく、実際にパイプオルガンが弾けます!
ぜひ日本の教会では経験できない、石造りの教会の残響を体験してみてください。
オルガンの世界観が変わります^^
元ケルン音楽大学教授・プロテスタント教会音楽科学部長であったヨハネス・ゲッファート先生のレッスンも受けれます!
どのような初心者の方でも参加可能です。演奏を希望されない方でも参加できます。

主な行程は以下の通りです。
8月26日(日)セントレアよりフィンランド航空にてヘルシンキ経由デュッセルドルフへ。バスにてケルンへ移動。
8月27日(月)ケルンにて自由行動。
 ご希望の方はケルン・聖ゲレオン教会(ロマネスク教会の一つ、オルガンはWeimbs III/31, 2001)でオルガン見学と練習ができます。
 楽譜屋さんへもご案内します。
8月28日(火)オルガン工房ヴァイムス社見学&シュタインフェルド修道院オルガン見学
 ヴァイムス社は、2017年11月に同志社中学校高等学校にオルガンを建築しました。今までには日本でなかった新世代の楽器が誕生しました。お昼ご飯は同社でバーベキューの予定です!
午後はラインランド地方最大のバロックオルガンを備えたシュタインフェルド修道院のオルガン(König, III/35, 1727)を見学します。
8月29日(水)ゲッファート教授と共に3台の異なったタイプの歴史的オルガンの見学と現地レッスン
 ケルン・ロンドルフ エマヌエル教会 Teschenmacher, I/9, 1743
                 Gerhardt, II/15, 1829
 ボン・聖十字架教会 Ott, IV/65, 1956
8月30日(木)東ヴェストファーレン地方日帰り遠足
 ボルゲントライヒオルガン博物館聖洗礼者ヨハネ教会(東ヴェストファーレン地方最大のバロックオルガン)見学
ビーレフェルド市マリーン教会 オルガン見学と試弾( 2017年に製作された新しいオルガンです。日本ではまだないタイプのドイツ・ロマン派を意識した楽器)
8月31日(金)ボンへ遠足
 ボン・リンパリッヒ 聖十字架教会(1907年にイギリスで作られたパイプオルガンを改築した珍しいタイプ、Binns/Schulte, III/35, 2007)
ベートヴェンハウス見学
9月1日(土)〜2日(日)帰国

その他おすすめどころ:
・ケルンのホテルに6連泊しますので、荷造り・紐解きの煩わしさがなく、余裕を持って行動できます。
・現地選りすぐりのレストランにご案内します。
・大型バスを少人数で貸切にしますので、本当に楽に移動ができます。(今までの経験からですと、一人4シートぐらいは余裕)
・楽しい添乗員さんを中心に、知らない人同士でもみんなが仲良くなっていきます。


朝日カルチャーセンター名古屋さんの講座案内チックトラベルセンターさんのサイトも御覧ください。

 


[PR]
by mausmirabilis | 2018-03-12 14:33 | コンサート関係

名古屋オルガンの春&秋日程決定です

2018年度名古屋オルガンの春&秋の日程です。

名古屋オルガンの春
グレゴリオ聖歌とパイプオルガン 聖霊降臨をテーマに
5月27日(日)15:30
 グレゴリオ聖歌 Veni Creator、聖霊降臨のミサより 他
 オルガンソロ J. S. Bach: Fantasia super Komm, Heiliger Geist, Herre Gott, BWV 651
Komm, heiliger Geist, Herre Gott, BWV 652
Nicolas de Grigny: "Veni Creator"
Gaston Litaize: Toccata sur le "Veni Creator"

名古屋オルガンの秋
五反城教会オルガン40周年を記念して
10月21日(日)15:30
11月4日(日)15:30
11月18日(日)15.30
 カトリック五反城教会のパイプオルガンは、製作されてから今年で40年を迎えます。
 このことを記念して、40年前(前後)のパイプオルガンの為の作品や、戦後のパイプオルガン作品の歴史を辿れるプログラム、このパイプルガンに最も適した作品などをご紹介したいと思っています。
 どうぞお楽しみに!




[PR]
by mausmirabilis | 2018-03-12 09:27 | コンサート関係