風琴亭

fuukintei.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:風琴徒然( 443 )

日本におけるドイツ音楽大学の資格について

ドイツの音楽大学を卒業された方へ。
もうご存知の方も多いかも知れませんが、私はつい最近知ったことなので、もしかしたらお役に立てるかもしれないと思い、覚書代わりにここに貼っておきます。

2015年に、一般社団法人国立大学協会、一般社団法人公立大学協会、日本私立大学団体連合会とドイツ大学学長会議 の間で「ドイツと日本との間における学術交流協定書」が交わされました。
その中で、ドイツの音楽大学の資格についても日本で何に相応するのかが明確化されました。
日本語はまだ「仮訳」となっていますが、
別紙1(7)に「音楽及び芸術」の項目があり、その下の項目に

(3) ドイツにおける、音楽もしくは芸術の分野における大学又は同等の高等教育機関によっ て授与される学位Diplom(ディプロム)は、Master of Arts(学術修士)の学位と同等と みなされるものとする。
(4) ドイツにおける、音楽もしくは芸術の分野での上級課程修了後のKonzertexamen(国家演奏家資格試験)又はMeisterschüler( マイスターシューラー)の地位又は同等の地位 は、専門的職業やその科目を教える資格に関連して、それぞれDoctor of Musical Arts(音楽学博士)並びにDoctor of Arts(学術博士)の学位と同等とみなされるものとする。

とされています。

日本語の仮訳の全文は、こちらで掲載されています。上記の文章もこちらから引用しました。
https://shidaikyo.or.jp/apuji/activity/pdf/j_g201506026_j .pdf
原文は英語で、Hochschulrektorenkonferenz(ドイツ大学学長会議)のHPに掲載されています。
https://www.hrk.de/positionen/beschluss/detail/rahmenabkommen-zwischen-der-hochschulrektorenkonferenz-hrk-der-japan-association-of-national-univ/

音楽活動をしている分には、ReifepruefungやKonzertexamenの名称だけで特に問題なく通用するのですが、私が音楽大学ではない大学教員としての履歴書にこれらの資格を書いた時には、今まで例がなかったことなので、研究者情報にもとりあえず「学士」として登録されていました。(私も、まあ、仕方がないかと思っていた。)
学士でも特に不自由はなかったのですが、来年度から別の大学の非常勤として講義科目を担当するに当たり、「少なくとも修士の資格が必要なのですが...」と言われ、「あれれ?」と探したところ、私が卒業したケルン音大のHPでは、私が持っている教会音楽科課程も演奏家コースのディプロムも終了資格が「Master of なんとか」となっていたので、とりあえずクリア。
その後、文科省の課程再認定の関係で履歴書などを書く必要があり、そう言えばReifepruefungって日本語で何て言うんだっけ?と軽い気持ちでググってみたら、上記のサイトに当たりました。

「専門的職業やその科目を教える資格に関連して...博士の学位と同等とみなされるものとする」
なので、もちろん博士そのものではありません。自分の専門を教える場合に限って、同等とみなされるということですが、もうそれだけのことを公式に言ってもらえれば、大抵の場合十分なのではないでしょうか。
(そもそもドイツではその頃総合大学で(音大ではなく)2科目以上(音楽学と教育学とか、音楽学と神学とか)全く異なる科目を取らないと修士さえも取れませんでした。音楽学を取るにはラテン語の終了証書が必要ですし、とにかくハードルが高い。ドイツの博士号を持っている人たちは、本当に凄い人たちです!)
Diplomが「修士の学位と同等とみなされ」Konzertexamenが「専門的職業やその科目を教える資格に関連して...博士の学位と同等とみなされる」と明記されたことによって、いろいろとすっきりしました。

他の保育・教職養成校などでも、ドイツの音楽大学を卒業した方が多く活躍されていると思います。これから教職に就くことになる方もいらっしゃると思います。もしもご参考になれば良いなと思い、リンクを残しておきたく、投稿しました。




[PR]
by mausmirabilis | 2018-03-21 12:02 | 風琴徒然

明けましておめでとうございます

旧年中はお世話になりまして ありがとうございました
みなさまの新しいお年が あたたかい光に満たされ 善き力に護られ
平和でご健康に恵まれたものとなりますよう 心よりお祈り申し上げます
    2018年 元旦
f0160325_17253635.jpeg

[PR]
by mausmirabilis | 2018-01-01 17:28 | 風琴徒然

ぐーたら風琴亭。

どうもここのところ、ウンヶ月サイクルの更新しかできていませんぐーたら風琴亭です。スミマセン。
久しぶりにブログを開けてみたら、設定してあったスキン(だっけ?背景みたいなの)がなくなっていました......。どれだけログインしていなかったのか。

昨年以来いろいろとあったのですが、もう、あまりにもありすぎて......(;^_^A
って、いえ、変なことではなく、忙しかっただけです。ありがたや。
昨年の9月のトリエンナーレ公募共催事業以来、ほぼ毎週末コンサートとかで、も〜う全力疾走で12月末まで乗り切り、ふ〜〜〜〜。

その間の思ひ出をちゃちゃっと駆け足で。
・名城大学管弦楽団との豊田市コンサートホールでのサン・サーンス共演、団員たちが仲がいいのと、吉田年一先生の指揮と指導がすごく良かったのとで、楽しかったなぁ〜。去年の3月に名古屋大谷高校の吹奏楽団と共演した時に弾いていた子が卒業して名城の管弦楽団に入っていて感動の再会をしたり、中学の後輩が私とのコーディネート係だったり、随分前に某素敵なワインビストロで知り合ってから随分ご無沙汰をしていた素敵な方が実はOBなのです、と楽屋に尋ねてきてくださったり、素敵な思い出ばかり。
・2週間後に刈谷市民管弦楽団と、刈谷でサン・サーンス。カワイ楽器さんからチャーチオルガンをお借りしてでしたが、こちらも楽しかったです〜。声をかけて下さっていたのは、私が一番最初にサン・サーンスを弾いた時にとてもお世話になった方。あの頃お互いまだ大学生でしたね......(⌒-⌒)
その他にも母の世代から親しくしていただいている方とか、たくさんお会いできました。田久保裕一先生の指揮は壮大かつ緻密。オーケストラの響きがみるみるうちに変化していくミラクルを経験しました。
・名古屋オルガンの秋、マックス・レーガー特集でした。
1回目の演奏会はソプラノの岡眞里子さんと。彼女の、透明で芯のある声と深い解釈が大好きです。
実は研究室がお隣であったりもする。しかし、何かしら大学も忙しく、二人で何でこんなに忙しいんでしょうっ!!といいながら必死で練習をしていました〜。次の日授業なので打ち上げする余裕もなく(ノ_-;)
2回目はオットが超マニアックなプログラムを提示。お客様、よくいらしてくださって、よく聴いてくださって、大変ありがたかったです、いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。でも、プログラムは、本当に内容の濃い、良いものです。今年度も彼のコンサートはそうなりそうです。
3回目はバッハの半音階的幻想曲をレーガーがオルガン用に編曲したものと、レーガーの幻想曲とフーガニ短調op.135bをメインに。2曲どかんと大きな曲がメインで、結構しんどかった。大学に行っていると、半端なく練習の時間がなくなるので...。朝4時起きとかで練習していました。この時点で体力限界とかって思ったけど、そんなことも言っていられない。
・12月に入って......何だったけ?手元にカレンダーがないのであまり憶えがないけれど、瑞穂児童館でのワークショップのゼミ生の指導、あれ、これ11月だったっけ?、あとコーロ・ドマーニさんの第一回定期演奏会でフォーレのレクイエムオルガンソロバージョン。オットが世界最高のオルガンソロバージョンを編曲してくれました! 最後は12月23日のクリスマスのお話と、27日の椙山管弦楽団の「ローマの松」でオルガンチョイ役。
・28日からお疲れ様旅行で伊良湖岬へ。月の渚さん、良いお宿でした〜♡

新年に入った、っと思ったらゼミ生の卒論締め切りやら、自分の執筆締め切りやら、執筆分が急に一本増えていたり( ̄Д ̄;;で2月半ばまで必死に乗り越え、ふ〜〜〜〜〜。
・そういえば、センター試験のお当番でした。あれは本当に嫌。
・そんな中で予約サイトで1万円分のクーポンが当たったので、これは使わなければ!と下呂温泉で強行軍的に一泊旅行。「こころをなでる静寂 みやこ」さんの露天つきのお部屋で別世界を味わってきました。1月終わりの話。お湯は当然のごとく素晴らしかったですが、お食事も良かったです。月の渚さんも含めてお宿レポも書きたいけど、余裕がなくって...。
・2月は、あ、午前中は自分でブランチコンサート、午後はゼミ生の卒業演奏会という日もそういえばあった。
ゼミ生はもう、本当にいい子たちで、送り出したくないと思ったぐらい楽しかったけれど、まあ、留年されても困るし、もともと優等生ばかりだったので、涙涙で送り出しました。

で!
2月17日から3月7日まで62人の学生の引率で、オーストラリアに行っておりました。
一緒に引率した先生がアメリカの方なので、すっごく気が楽でしたが(*^^*)
コアラにも触って、ペンギンパレードも見れて、大満足。
何事もなく、学生が元気で充実した実習を送ることができたので、先ずは任務無事完了。
オーストラリアに行くと、環境があまりにも素敵なので、つい日本に帰りたくなくなって。帰ってからも、あぁ〜オーストラリア♡となってしまい、心が日本に戻るまで時間がかかって仕方がないです。
ヨーロッパに環境が似ているのと、大らかな民族性の為でしょうか〜。

オーストラリアから帰ってきて、実質3日間しか時間がない中、名古屋大谷高校吹奏楽部の演奏会で弾くのに松下倫士さんの「モーツァルトのテーマによるパラフレーズ」を必死に練習。面白い曲なので、苦ではありませんでした(^^)
あとは卒業式、オープンキャンパス(一応企画等主担当、コンサートの企画運営しているからできるやろ、と思われていたのか?)入学前ピアノレッスンなど大学業務と年休消化と、東海学園管弦楽団定期演奏会のアンコールにチョイオルガンでご一緒させていただきながら、実は怒涛と波乱の日々を過ごしておりまして。ちょっとここに書けないけれど。あ、あと、実家の大掃除もしていた。ふ〜〜〜〜。

というわけで、何だかあっという間に4月に入り、入学式やら新入生オリエンテーションやら在校生オリエンテーションやらが終わり、先週の半ばから授業が始まっておりました〜。
あ、ちょっと昇任して准教授になりました。
これから15週間、また乗り切らなければ。どうも書くものの宿題(紀要とか)もいっぱい出るらしい(ノ゚ω゚)ノ* ふ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

********

昨日のよる。
中学校出たての私を自分の子どものように家に入れてくれて、オルガンを最初から教えてくださったペータース先生からのメールが届いて。
君がパーダーボルンに来たのがちょうど30年前だったね!30年という時間はどこに過ぎてしまったのだろう。
というような内容でした。
わ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
さんじゅうねん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

感慨無量。


********

はい、これから東海メールクワイヤーの練習に行ってきます。
来週末は熊本の手取教会、熊本地震犠牲者追悼コンサートでご一緒させていただきます。
それから、明日の授業で使う「ウサギがピョン」の歌を暗記してしまわないといけないです。
コンタクトレンズを買いに行かないといけないことにも今朝きづきました。
オルガンの春と秋の案内も、あとで掲載します。


********

復活祭おめでとうございます。
そして、今年度もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

[PR]
by mausmirabilis | 2017-04-16 13:05 | 風琴徒然

下敷き!

f0160325_15440851.jpg

小学校の頃に使っていた下敷き。今でも下敷きってあるのかなあ?学生が使っているのは見たことがない。

フィナーレがうまく作動しないので、今から楽譜手書きします。

[PR]
by mausmirabilis | 2016-08-19 15:41 | 風琴徒然

青虫さん

f0160325_06163754.jpg

昨日、ウチのパセリをお召し上がりになっているところを発見!
今朝もいるかなあと思ったら、丸坊主になったパセリだけがあった。
!(◎_◎;)
f0160325_06163800.jpg


パセリでも何でもあげるから、大きくなってきれいな蝶々さんになってくれるといいな♪


[PR]
by mausmirabilis | 2016-08-05 06:11 | 風琴徒然

もういっちょ

f0160325_20225221.jpg

左が今日の午後振休の時間にこなした楽譜。右はまだこれから。晩御飯のことはまだ考えず。
さて、もういっちょ頑張ろ。


[PR]
by mausmirabilis | 2016-06-14 20:20 | 風琴徒然

今年最初のエンジェルトランペット

f0160325_09444994.jpg

今朝咲きました!!

雑草だらけの猫の額の庭ですが、雑草でいいのです。きれいに咲いてくれています。
f0160325_09445071.jpg

オシロイバナも、皇帝ダリアもスクスク育っています。
f0160325_09445065.jpg


f0160325_09445190.jpg



[PR]
by mausmirabilis | 2016-05-28 09:41 | 風琴徒然

津駅で見つけたもの。

f0160325_17033523.jpg

公衆電話!!

そして、伊勢鉄道のかわいい車両(*^^*)
f0160325_17033548.jpg


マーラー2番、素晴らしかったです。90分舞台で、それもお客さんの真ん前でジッとしているのは結構しんどかったですが、すっかりそんなことも吹っ飛び最後の"sterben um zu leben"…音楽に感動してドキドキして泣きたくなりました。
伊勢管弦楽団さん、ありがとうございました!

[PR]
by mausmirabilis | 2016-05-15 16:54 | 風琴徒然

とんで5月14日。

f0160325_09502531.jpg

ドイツから帰って1週間経ってしまいました。帰って次の日はしっかり4コマ連続魔の月曜日。
なんかかんか大学がある日は自分の時間がなかなか取れなく、ブログ止まっていてごめんなさい。

昨日と今日はマーラーの2番で津に来ています。
大谷正人先生指揮の伊勢管弦楽団。前にマーラーの8番でご一緒させて頂いたのがどうも10年前らしい。10年早いなあ。
2番は、90分だかかかる交響曲の中の最後の2分半に出番というギャラ泥棒のようなオルガニスト。
迫力のある響きを楽しませて頂いています(*^^*)


[PR]
by mausmirabilis | 2016-05-15 09:36 | 風琴徒然

本日のオルガン。

f0160325_15452371.jpg


本日のオルガン。
名鉄カルチャーセンターの「パイプオルガンを弾こう」講座でした。楽しかったなあ〜!
終わった後に、受講者さん同士で仲良くなって盛り上がっていたのも、すごく嬉しかったです(*^^*)
f0160325_15452482.jpg


[PR]
by mausmirabilis | 2016-04-27 15:44 | 風琴徒然