人気ブログランキング | 話題のタグを見る

風琴亭

fuukintei.exblog.jp
ブログトップ

ワクワク^^

次回のブランチコンサートで少しだけフレンチポップスを弾こうと思っています。
私の母がむかしむかしエレクトーンを弾いていた頃、私も何となく「オー、シャンゼリゼ」「恋は水色」「シバの女王」などを耳にして育ちました。聴いていて楽しかったことを思い出しますし、今でも耳コピで何となく弾けたりもします^^
が、今回選曲するにあたって、強力な助っ人が現れました!
オルガンの春&秋でも「フランスの作品を聞きたいです」とリクエストしてくださる方なのですが、前回のオルガンの春コンサート(バッハプログラム)の時に何気なくアナウンスで「次回のブランチではフレンチポップスも〜」という話をしましたら、コンサート後に「リクエスト入れてもよいですか?」とお話下さいました。
私も自分が聞いて育った曲はわかるのですが、何分本当に小さい頃なので、当時実際に何が流行っていて、当時楽しんでいた方は何が本当にお聴きになりたいのかという感覚がありません。何とありがたいお申し出!!

...という訳で、今日もまだK氏とメールをやりとりしながら、楽しく選曲をしています。

「パイプオルガンを聴きたい!」というお声をたくさん頂いたので10年前に始めてみた「パイプオルガンブランチコンサート」なのですが、このように実際にお客様と一緒にコンサートの内容を決めていくのも、本当に楽しくありがたく思っています。

ちなみに次回8月11日には、「動物の謝肉祭」より「白鳥」と「フィナーレ」も演奏します。これも、3月21日に「動物の謝肉祭」を全曲演奏した際にいらして下さった小学生の方が「もう一度聞きたい」とリクエストを下さったからです。
このリクエストがなかったら、私としては「動物の謝肉祭はもう弾いたから」8月の選曲候補には入れていなかったと思いますが、そんな固定観念を考え直すとても貴重な機会となりました。

とにかく「パイプオルガンは楽しい!」を届けたいと思っています。
次回8月11日も楽しい夏休みの思い出となるようなひと時となるように、頑張ります!


by mausmirabilis | 2021-07-14 17:25 | コンサート関係