人気ブログランキング | 話題のタグを見る

風琴亭

fuukintei.exblog.jp
ブログトップ

2021年度 パイプオルガンブランチコンサートのお知らせです。

名古屋オルガンの秋presents パイプオルガンブランチコンサート@愛知県芸術劇場コンサートホール

午前中のひと時を パイプオルガンの響きとともに ゴージャスに そして心安らかに...

パイプオルガン 吉田文 & トーマス・マイヤー=フィービッヒ


3月21日(日)親子で楽しむパイプオルガン!動物の謝肉祭
今年最初のブランチコンサートは日曜日開催です!春休みに大人も子どもも楽しめるサン・サーンス作曲「動物の謝肉祭」など楽しいプログラムとともに皆さまをお待ちしています。
C. サン・サーンス 「動物の謝肉祭」他


5月26日(水)10年分のリクエストコンサート
2011年6月1日に第1回パイプオルガンブランチコンサートが開催されてから10年が経ちました。これまでに頂いた全てのリクエストから抜粋して、人気作品の珠玉をお届けします。
J. S. バッハ 主よ人の望みの喜びよ
M. ムソルグスキー 「展覧会の絵」より


8月11日(水)サン・サーンス、そして巴里の響き
今年没後100周年を迎えるサン・サーンスはパリ・マドレーヌ寺院のオルガニストでもありました。サン・サーンス作品の他、同じくマドレーヌ寺院オルガニストだったフォーレ、その他パリのオルガニストたちの作品を携え、ソプラノの岡眞里子さんとご一緒にみなさんをパリへの小旅行へご招待します。
C. サン・サーンス アヴェ・マリア、G. フォーレ ピエ・イェズ (Sop.&Org.)
C. フランク 前奏曲、フーガと変奏 Op.18
ソプラノ 岡眞里子


12月8日(水)クリスマス⭐︎幸せと平和の響き
街角から聴こえるクリスマスキャロル、心に滲み透る天使の歌声、大聖堂の荘厳なオルガンの響き...
誰もが幸せになれて、優しさを世界に伝えたくなるクリスマスコンサートはいかがですか?

クリスマスキャロルと楽しいクリスマスのオルガン作品
ハンドベルによるクリスマスキャロル
ソプラノ 本田美香
ハンドベル 名古屋女子大学音楽第4ゼミ


ミニ講座・マイヤー先生のサン・サーンスコーナー
今年没後100周年を迎えるサン・サーンス。交響曲や死の舞踏などは有名ですが、なかなか演奏される機会がない作品も多くあります。こんなに素敵な曲が知られていないのはもったいない!と、毎回Th. マイヤー=フィービッヒ先生(国立音楽大学名誉教授)が小さくてお洒落な作品を1曲ずつご紹介します。
 3月21日 7つの即興曲op.150より 第3番「ポコ・アダージョ」(1916/17)
 5月26日 ブルターニュの歌による3つの狂詩曲op.7より 第2番二長調 (1866)
 8月11日 3つの前奏曲とフーガop.99より 第2番ロ長調 (1894)
 12月8日 幻想曲第3番op.157 ハ長調 (1919)


10:30〜11:30(開場 10:00)
愛知県芸術劇場 コンサートホール
全自由席 1000円(お得です!)
チケット取扱い 二宮音楽事務所 052-505-0151 チケットぴあ 0570-02-9999 市内各プレイガイド

毎回、お客様からのリクエスト曲も募集します。リクエスト曲が採用された方はコンサートへもペアでご招待!詳しくは裏面の募集要項をご覧下さい。

主催:「名古屋オルガンの秋」実行委員会
マネージメント&お問い合わせ先 二宮音楽事務所 (052)505-0151 mail@aya-yoshida.de
名古屋オルガンの秋ホームページ: http://organaki.exblog.jp



 多くのみなさまから寄せられました「もっと愛知県芸術劇場のパイプオルガンを聴きたい!」とのお声を頂いて2011年に始まりました「名古屋オルガンの秋presentsパイプオルガンブランチコンサート」。今年で10周年を迎えます。たくさんの方に支えられてこれまで続けることができました。本当にありがとうございます。これからも次の10年を目指して、お客様みなさまと一緒にコンサートを築いていきたいと思っています。パイプオルガンが楽しい!と思って頂けるひとときを創りたいので、ぜひ皆さまからも「こんなことがあったらいいな」というリクエストを是非たくさんお寄せください!

リクエストを募集します
毎回のコンサートで、皆様からリクエストされた曲も演奏します。リクエストは、パイプオルガンの作品には限りません。クラシック、ジャズ、ポップス等、どんなジャンルでもOKです。「こんな曲を愛知県芸術劇場のパイプオルガンで聴いてみたい!」というリクエスト、どうぞお寄せください。採用された方には、ご招待券をペアでプレゼントいたします。

募集要項
はがきに以下の事項をご記入の上、〒452-0805 名古屋市西区市場木町190-205 二宮音楽事務所「オルガンブランチコンサート」までご郵送下さい。
① お名前
② ご住所
③ 電話番号
④ リクエスト曲名
⑤ もしあれば、リクエストの理由や由来、エピソード
⑥ コンサートでお名前の紹介可否、もしくはニックネーム
募集期間(必着)
それぞれのコンサート1ヶ月前まで
メールでもリクエストを受け付けています。mail@aya-yoshida.de

演奏者
吉田文 (Aya Yoshida) パイプオルガン
名古屋生まれ。幼少よりオルガニストを志し、中学卒業と同時に単身渡独。ケルン国立音楽大学カトリック音楽科、並びにパイプオルガン科を卒業。A級カトリック教会音楽家国家資格及びドイツ国家演奏家資格取得。
パーダーボルン大聖堂オルガニスト常時代理を経て、1995年より2006年までケルン南部司牧地区教会音楽家として勤務。典礼音楽の総責任者、コンサートシリーズの企画・運営、教会音楽フェスティバルの総監督としても活動。独自の企画による2枚組CD「Streiflichter」は多くの現地専門誌で高得点を得た他アメリカ、オーストラリアでも取り上げられ、その芸術的価値は多大な注目を浴びた。マイヤー=フィービッヒが補作・編曲を手がけたバッハの未完成作品と補作完成作品を収録した「Fantasy〜1725」はニューヨークのzoho社からリリースされている。
ヨーロッパ各地でも活発な演奏活動を続けており、コンツェルトハウス・ベルリンをはじめとする各地のオルガンコンサート.・フェスティバル等に多く招聘されている。2015年度名古屋市民芸術祭特別賞受賞。名古屋女子大学准教授、南山大学非常勤講師。「名古屋オルガンの秋」、「教会音楽フォーラム」主宰。

トーマス・マイヤー=フィービッヒ (Thomas Meyer-Fiebig) パイプオルガン
ビーレフェルト市マリエン教会の主任牧師を父とし、幼少の頃からパイプオルガンを始めとする教会音楽全般に多大な影響を受けながら育つ。デトモルト国立音楽大学へ作曲専攻にて入学。作曲をヨハネス · ドリースラーとギセルヘル · クレーベに師事。
1974年に教員課程科を卒業、ドイツ国家資格取得。1975 年には音楽教育家課程のドイツ国家資格を取得。引き続き同大学院作曲課程科に学び、1978年に卒業。1978年来日。
以来、国立音楽大学及び大学院にて作曲科の教授として後進の指導にあたる。ドイツ各地の大学にても特別講義講師としてたびたび招聘されている。2015年国立音楽大学退官。国立音楽大学名誉教授の称号を得る。
作品の分野は諸編成の交響曲、室内楽曲、声楽曲から和楽器のアンサンブル曲等にも及び、中でもパイプオルガンのための作品はその創作活動の中で重要な位置を占める。これらの作品は世界各国の多くの演奏家により取り上げられ、ドイツ放送局、西ドイツラジオ、ヘッセン放送局、NHK等の放送局等によっても頻繁に収録、放送されている。パイプオルガン曲、並びにピアノ曲を中心とした室内楽作品がドイツのメーゼラー出版社と全音楽譜出版社より出版される。
作曲家としての活動の傍らオルガニストとしても活発な演奏活動を続けており、1998年にはドイツのエルツ山脈地方ナッサウのジルバーマン製作の歴史的オルガンにてCDを収録した。
朝日カルチャーセンター名古屋講師。2019 年度名古屋市民芸術祭特別賞受賞。

岡眞里子(Mariko Oka-Tsuboi) ソプラノ
ウィーン国立音楽大学大学院リート・オラトリオ科修了。オーストリア国家演奏家資格を取得。第3回新人音楽コンクール声楽部門第2位。在ウィーン中、教会でのミサ等ソリストを多く務めた他、1990年にウィーンベーゼンドルファーザールにて三ッ石潤司氏とリサイタルを開催し好評を博す。以降「ドイツリートの夕べ」「ヴォルフ/メーリケの夕べ」等リサイタルを意欲的に行い、2006年には名古屋市民芸術祭に参加公演とし、中部経済界12月号において〈聴きごたえのある満足すべきコンサート〉と高評を得た。
バッハの〈結婚カンタータ〉〈コーヒーカンタータ〉その他多数のカンタータ〈クリスマス・オラトリオ〉〈ヨハネ受難曲〉〈ロ短調ミサ〉、ペルゴレージ〈スタバート・マーテル〉、モーツァルト〈レクイエム〉(レヴィン版、日本初演)、〈孤児院ミサ〉ハイドン〈小オルガンミサ〉、R.シュトラウス〈4つの最後の歌〉、G.マーラー〈交響曲第4番〉等ソリストを多く務める。その他アンサンブル、ジョイントコンサート、リサイタル等コンサートに多く出演。現在、名古屋女子大学准教授、愛知県芸術文化協会会員。


本田美香(Mika Honda) ソプラノ
愛知県立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。同大学大学院音楽研究科修士課程修了。オペラ《ナクソス島のアリアドネ》エヒョー役でオペラデビュー。愛知県文化振興事業団主催『第2回あいちの未来を紡ぐ!コンサート』、ブダペストにて「日本・ハンガリー友好音楽祭」など各種コンサートにソリストとして出演。
また、モーツァルト「レクイエム」、J.S.バッハ「ロ短調ミサ」など宗教曲のソリストも務める。
J. S. Bach-Musikkapelle会員。



by mausmirabilis | 2021-02-23 13:17 | コンサート関係