人気ブログランキング | 話題のタグを見る

風琴亭

fuukintei.exblog.jp
ブログトップ

名古屋オルガンの春とブランチコンサートのお知らせです。

謹啓

 さわやかな季節となってまいりました。皆様お健やかにお過ごしのことと思います。
 本日は、名古屋オルガンの秋実行委員会が主催をいたしますパイプオルガンコンサートのご案内をいたしたく、本書を送付させて頂きました。

 「名古屋オルガンの秋」コンサートシリーズは2007年の名古屋オルガンの秋コンサートシリーズの発足より、みなさまの多大なご協力とご後援を賜り、今年で7年めの開催を迎えることができました。この場におきまして、みなさまに心より御礼を申し上げます。
 思い起こせばあっという間の月日でしたが、この間に頂きましたみなさまとの出会いに心より感謝申し上げます。そもそもパイプオルガンという楽器は他の楽器よりもよほど知名度が低く、愛好者としてコンサートにお越し下さる方の絶対数も決して多い方ではないと思います。それでも、毎回いらして下さる方、遠くからでもご声援をお送りくださる方、みなさまおひとりおひとりのお心に支えられて、ここまでコンサートシリーズを開催してくることができたと思っております。本当にありがとうございます。これからも、細く長く、可能な限りはできるだけのことはしていきたく考えております。今後ともご支援を賜りますように、心からお願い申し上げます。

 さて今回は「名古屋オルガンの春」と「ブランチコンサート」、そして「朝日旅行 ドイツ・ライン河に沿ってパイプオルガンの旅」のご案内をお送りいたします。
 「名古屋オルガンの春」では、5月11日(日)に、元N響フルート首席奏者の小出信也氏をソリストとしてお迎えするコンサートがございます。N響アワーなどで小出氏の美しいフルートをお聴きになった方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。本コンサートでは、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの作品を中心に、母の日、そして聖母マリアの月を記念して、「全ての母へ捧げるコンサート」の題の元、美しいフルートとパイプオルガンの調べをお楽しみ頂けるようプログラムを構成いたしました。
 4月29日(火・祝)には、ケルン音楽大学よりマルガレータ・ヒュアホルツ教授をお迎えしたソロコンサートを開催いたします。
カトリック五反城教会には、1978年にパイプオルガンが設置されましたことを期に「名古屋オルガン友の会」という会がおかれ、この名古屋オルガン友の会が中心となって名古屋のパイプオルガン文化を興していました。実はヒュアホルツ教授、この会のご縁で1983年に同五反城教会でコンサートを演奏されているのです。
名古屋オルガンの春14チラシ表 http://www.aya-yoshida.de/media/images/omote.jpg
名古屋オルガンの春14チラシ裏 http://www.aya-yoshida.de/media/images/ura.jpg


 愛知県芸術文化センターコンサートホールにおける「名古屋オルガンの秋presentsブランチコンサート」も、本当に多くのみなさまのあたたかいご支援を頂戴いたしまして、本年度も開催を続けることができる運びとなりました。心より御礼申し上げます。
 オルガンの為の有名な作品、そして今までにたくさんリクエストを頂きましたその他のクラシック作品を集めた「オルガン名曲アルバム(6月25日・水)」、2本のトランペットと共に華麗なるバロック音楽と、そしてサプライズを込めた「パイプオルガンと2本のトランペットの華麗なる世界part2(11月5日・水)」、ロマンチックなプレ・バレンタインを味わっていただく「バレンタインコンサート(2015年2月13日・金)」の他にも、「即興演奏の芸術(9月24日・水)」も、是非おすすめさせていただきたく思います。
楽譜もなく、暗譜でもなく、その場で作品を即興にて演奏をするパイプオルガンの即興演奏は、日本では殆ど聴く機会のないものです。そこではバッハのような前奏曲とフーガになるか、フランス風の交響曲になるかは、その日のお楽しみ。みなさまからも、即興演奏で使ってほしいテーマを募集いたします。民謡や唱歌の旋律でも結構ですし、「春」などの抽象的なテーマでも大丈夫です。みなさまの想像力が馳せる世界を、どうぞリクエストしてください。

 その他各コンサートごとのリクエストも、昨年に引き続き募集いたしております。採用が決定された方には入場券をペアで進呈いたしますので、多くのみなさまのご参加を楽しみにお待ちしております。
ブランチコンサートのチケットは、二宮音楽事務所(052)505-0151、チケットぴあ、その他市内のプレイガイドで扱っております。

みなさまのお知り合いの方、パイプオルガンに興味を持って頂けそうな方々にもお知らせ頂くことができましたら幸いです。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ブランチコンサートチラシ表
http://www.aya-yoshida.de/media/data/2014-brunch-vorne.pdf
ブランチコンサートチラシ裏
http://www.aya-yoshida.de/media/data/2014-brunch-hinten.pdf

 また、朝日カルチャーセンター名古屋様と朝日旅行様の企画のもとに、8月の20日から27日にかけて、ドイツを中心にパイプオルガンを訪ねる旅行が実現いたしました。普通の旅行者としては足を踏み入れることができないオルガン席へご案内するだけではなく、実際に演奏して頂くことが可能となります。その他オルガン工房と手回しオルガン博物館の見学、ゴシックオルガンから現代のオルガンまでが一堂に集まり、どのオルガンも弾き放題というオルガン博物館にも参ります他、湖のほとりの修道院を訪れます。ここは、私が特に大好きな場所で、一番最初のCDを録音したところでもあります。一日は修道院の鐘に始まり、鐘に終わり、朝と夜の静けさと平和の雰囲気には心を新たに洗われます。
 もしお時間などに余裕がありましたら、是非ご検討いただきますようお願い申し上げます。
インターネットでのご案内はこちらです。
http://www2.asahiryoko.com/djweb/TourDetail.aspx?tc=G24071140000

 最後となりましたが、私事、本年12月6日にベルリンのコンサートハウス(Konzerthaus Berlin)よりソロコンサートのご招待をいただきました。少しうれしいお知らせとして、末筆に加えさせて頂きます。

 季節の変わりめです。どうぞ皆様くれぐれもご自愛の上お過ごしくださいませ。多くのみなさまにお会いできますことを、心より待ち望んでおります。
かしこ
「名古屋オルガンの秋」主宰 吉田文

by mausmirabilis | 2014-04-26 11:30