人気ブログランキング | 話題のタグを見る

風琴亭

fuukintei.exblog.jp
ブログトップ

週刊、というより、月報風琴亭

週刊風琴亭......と見出しを書いてから、そう言えば前の「週刊」は、1ヶ月前に書いたんだったと思い出しました。
この頃は、全くあてにならない風琴亭でございますm(_ _)m

さて、
6月6日(水)
今年度初めてのブランチコンサート!
今回は、私の方が全くPRに動けず、曲の準備をするのがやっと。
お客さん、200人ぐらいかなぁ、200人いらして頂けたらありがたいなぁ......なんて思っておりました。
が!
開場10分後ぐらいに、マネージメントの二宮さんが「アヤさん、アヤさん、凄いですよ!!!!」と、会場の写真を見せにきて下さいました。
わ、わ、わ!と思う程、たくさんの方にいらして頂けているらしい......という事態だけは飲み込めました......。後は、一心込めて弾くべし。
これも一重に、マネージメントを受け持って下さっている二宮音楽事務所の二宮さんと、ルンデの鈴木詢先生が奔走して下さっていたからです。ありがとうございます!!!!

このコンサートの前には、こんなこともあり、コンサートの中身や進行をどうすればいいのかなぁって、ずっと考えてもおりました。
とりあえず、今回は、「大聖堂の響き」というタイトルのもと、教会音楽の雰囲気をメインに出したかったので、ニューイヤーコンサートの時のようにリクエストをいっぱい詰め込んで、ということはしないことは当然だったのですが、大聖堂に響き渡って、大聖堂そのものが大きな共鳴体となってそこにいる人をオルガンの響きでつつみこむ荘厳な感覚を、どうやってコンサートホールで伝えられるかなぁという課題の他にも、でも、どうやって、堅苦しくなりすぎずに、楽しく1時間を過ごして頂けるのかなぁ、という課題もありました。

本当は、
・「大聖堂」と呼ばれる大きな教会では、大抵残響がとても長く、オルガン本体と80mや100mぐらい離れた場所でオルガニストは弾くこともあり、そんな時はオルガンの音を聴いていられないので、演奏席のうしろにモニター用のスピーカーがあるんですよ〜、とか、
・古い教会だと、オルガン席に辿り着くまでに、屋根の上を冒険的な方法で伝わって行くこともあるんですよ〜、とか、
日本の教会や、ましてやコンサートホールでは想像もつかないようなこともお話したかったのですが、何だかそれ以上に、弾きたかった曲の量も随分あったので、お喋り自粛。

それでも、予定時間を8分オーバーしてしまいました、ごめんなさい!
><

...と言うのも、会場は9時きっかり(に、楽屋口入場。練習や準備開始、ではありませぬ)から12時きっかりまでしか借りれません。延長すると、6桁の超加料金を払わないといけなくなってしまいます。
......ので、スタッフの方がとってもとっても忙しい思いをしているのです。
ましてや、私のわがままで、今回から10時に開場。前準備の時間も、1時間もなく、コンサート後も30分のうちに、立つ鳥後濁さずの如く後片付けをしないといけません。

ブランチコンサートで、一番偉いのは、実は、二宮さんとスタッフの方々です。これは本当。

......と言う訳で、いらして下さいましたみなさまと、応援下さいましたみなさまと、スタッフのお陰で、今回も、ブランチコンサート、無事終わりました。
総計560人程のお客様にいらして頂けました。感謝感謝!

週刊、というより、月報風琴亭_f0160325_1117244.jpg


週刊、というより、月報風琴亭_f0160325_11171613.jpg


週刊、というより、月報風琴亭_f0160325_11171127.jpg




で、コンサートが終わってからすぐに、春日井市市民会館へ直行!
ここで、6月8日にあった陸上自衛隊 第10音楽隊の定期演奏会のリハーサルがありました。
(続きは次の記事で...)
by mausmirabilis | 2012-06-10 11:20 | 風琴徒然 | Comments(4)
Commented at 2012-06-10 20:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆき at 2012-06-10 22:33 x
遅まきながら、ブランチコンサートは大変楽しませて頂きました。
あの大迫力の響きは大きなホールならでは、ですよね。
音にぶわっと包まれて、広がりながら消えて行くような残響感は何回聴いてもトリハダが立っちゃいます。
ウェストミンスターの鐘の小ネタ(と言ったら失礼かもですが)などもおもしろかっですよ。
ところで質問なのですが、「主よ、人の望みの喜びよ」だったか「BACHの名による幻想曲とフーガ」の後におまけで弾きますと言っていた曲名を教えて頂けないでしょうか。
とても気に入ったのでCDを探そうと思っても曲名が記憶からトンでました(笑)
Commented by mausmirabilis at 2012-06-10 22:34
jjさま@鍵コメ
ヨーロッパのカテドラルの残響は、癖になりますよん〜〜〜〜
^m^
Commented by mausmirabilis at 2012-06-10 22:36
ゆきさま、
コンサート、いらして頂けまして、ありがとうございます〜!こちらのコメントも、とってもうれしいです!
リストのBACHの後の曲は、リストがオルガン用に編曲したモーツァルトのアヴェ・ヴェルム・コルプスです〜 ^^
プログラムに載せるのを忘れてしまって、ごめんなさい!