人気ブログランキング | 話題のタグを見る

風琴亭

fuukintei.exblog.jp
ブログトップ

11月3日Veni. Sancte Spritus

明日となりました。
これまで本当にたくさんのコンサートを演奏させて頂く機会に恵まれ、幸せなオルガニスト人生を歩んで来ました。
毎回の公演で、このコンサートが人生最後で最高のコンサートであるようにと思いながら、弾いてきました。
その中でも明日の公演は、私のオルガニスト人生半世紀の締めくくりであり、次の時への初めの一歩ともなるものです。
メインは、私がバッハと同様に最も尊敬しているオルガニスト・作曲家のジャンヌ・デメッシューの作品を演奏します。
この作品は、ドイツの国家演奏家資格取得試験(大学院の様な位置付け)で演奏したものでもあり、技術的にも解釈的にも難解なものではありますが、近代フランス音楽の中でも非常に重要なレパートリーだと思います。この作品がなかったら、もしかしたらメシアンの聖霊のミサもなかったのでは?とも考えることもあります。
理解しようとすると難解かも知れませんが、心で音楽を受け入れると摩訶不思議な響きは作品の響きのうちに私たちを包み込んで、次元や時空を超えて、まだ地が混沌としている創世期から、輝かしい天上まで連れて行ってくれる、ミラクルで素晴らしいものばかりです。
オルガニストとして必ずしも幸せではなく、47歳で早世した彼女の音楽を、生誕100周年の今年に解き放ちたいとも思いました。
また、この1年半に及ぶコロナ禍で、祈ることしかできない日々も経験しました。
世界を革新する力でありながら、私たちひとりひとりの中に本来備わっている筈の、神や宇宙や自然とつながる力である聖霊へ向けた祈りの時を創りたいとも考えました。
なかなか歌われる機会の少ない、聖ヒルデガルド、中世の修道女であり教会博士、の聖歌も解き放たれます。
古来からの祈りの表現である歌と踊り、加藤佳代子さんの聖歌と倉知可英さん、そして可英さんのお弟子さん方の踊り共に、みなさまと共に、未来を築く力をオルガンの響きと共に感じられるひとときとしたいと思っています。
明日13時30分より、愛知県芸術劇場コンサートホールにて、15時30分終演予定です。
是非お越しください。

https://www.facebook.com/events/818193808856003?ref=newsfeed



# by mausmirabilis | 2021-11-02 10:50 | コンサート関係

11月3日のお知らせ動画を二宮さんが作って下さいました!(私、二宮さんがいなかったら何もできていないです、心から感謝しています🌟)

11月3日のお知らせ動画を二宮さんが作って下さいました!(私、二宮さんがいなかったら何もできていないです、心から感謝しています🌟)

私の尊敬する2人の名古屋在住のアーチスト、倉知可英さんの舞踊と加藤佳代子さんの聖歌と共に、未来を築く小さな橋掛けの祈りのひとときを創りたいと思っています。

是非多くの方と一緒に、この空間を共有できますように🌟

https://youtu.be/qyyR1a7heIA

# by mausmirabilis | 2021-10-25 12:39 | コンサート関係

今日は蒲郡でこのコンサートのリハーサル! 峯村先生の元に参集された教え子さんたちの吹奏楽の響きは、音楽楽しい!のエネルギーに満たされています🌟 楽しみなコンサートです♪

今日は蒲郡でこのコンサートのリハーサル!

峯村先生の元に参集された教え子さんたちの吹奏楽の響きは、音楽楽しい!のエネルギーに満たされています🌟 楽しみなコンサートです♪








今日は蒲郡でこのコンサートのリハーサル!
峯村先生の元に参集された教え子さんたちの吹奏楽の響きは、音楽楽しい!のエネルギーに満たされています🌟 楽しみなコンサートです♪_f0160325_15563786.jpg


# by mausmirabilis | 2021-10-24 15:55 | コンサート関係

昨日のセントラル愛知さんとのコンサートは、おかげさまで無事に終わりました。お越し下さったみなさま、応援して下さったみなさま、ありがとうございました😊

昨日のセントラル愛知さんとのコンサートは、おかげさまで無事に終わりました。お越し下さったみなさま、応援して下さったみなさま、ありがとうございました😊
神様から50歳の誕生日に頂いたプレゼントだったと思っています。

指揮の佐々木先生、柔らかな声がけで、オーケストラのサウンドが魔法にかかったように変わっていくのも、とても素敵でした🌟

終わっちゃったなあ…
と思いながらも、今朝は南山大学エクステンションカレッジのオンライン講座。
明日は11月6日にあるウィンドアンサンブル峯のリハーサルなので、その準備も。ローマの祭りでご一緒します。楽しみ楽しみ🌟
3日のコンサートの練習も継続中。
(そしてまた洗濯物の山…😳)
12月末まで全力疾走続きます。

昨日の写真は撮りそこねましたが、セントラル愛知さん(当時はナゴヤシティ管弦楽団)の中で初めて演奏させて頂いた時のチラシがありました🌟
昨日のセントラル愛知さんとのコンサートは、おかげさまで無事に終わりました。お越し下さったみなさま、応援して下さったみなさま、ありがとうございました😊_f0160325_16564315.jpg


# by mausmirabilis | 2021-10-23 16:56 | コンサート関係

11月3日のリサイタル Veni, Sancte Spiritus

11月3日 リサイタルを行います。
私の半世紀人生の総まとめとなります。

後半に演奏するJeanne Demessieuxは今年生誕100周年を記念します。
パリの聖マドレーヌ教会(寺院とも言われます)の首席オルガニストで、鬼才としか言えないような音楽家でした。デビュー前は1日18時間教会に篭って練習をしていた、何十ものコンサートをこなしたアメリカツアーでは全て異なるプログラムを暗譜で演奏した、などエピソードは多くあります。
惜しみない努力の上に抜群の才能を開花させたオルガニストとして、私が最も尊敬する人でもあります。

私はデメッシューを超えることなく歳ばかり越してしまいましたが、彼女の作品を紹介し続け、そして作品のなかに込められた祈りを解き放ちていきたいと思っています。

今回は、倉知可英さんとダンスカンパニーの群舞により、音楽だけではなく踊りを通しても、オルガンの響きの中に込められたものが表現されることとなります。
昨日倉知さんのスタジオにお邪魔してリハーサルを拝見させていただきました。
私には可英さんの踊りの気迫と熱い思いに圧倒されて、言葉なく呆然と立ち尽くしていた、というのが本音です。このダンスだけでも、ぜひ観にいらしていただきたいと思いますが、作品自体がなかなか世界でも演奏される機会が稀です。
ぜひぜひ、多くのみなさまに知っていただきたいプロジェクトです。

また、前半は、
グレゴリオ聖歌 続唱 Veni Sancte Spiritus (グレゴリオ聖歌独唱&ダンス)
バッハ 幻想曲「来たれ、聖霊よ」(オルガンソロ)
で始め、
バッハと同世代のフランスバロック作品を、当時の典礼で演奏されていたアルタナーティムというグレゴリオ聖歌と器楽演奏を交互に演奏する方法でお届けします。
グリニー 賛歌 「Veni Creator Spritus」(グレゴリオ聖歌&オルガン)

前半の最後は、中世の修道女 聖ヒルデガルドの聖歌
「聖霊の続唱」
をソプラノソロでお聴きいただいたあと、この聖歌を元に夫が作曲したトッカータを世界初演します。

グレゴリオ聖歌と聖ヒルデガルドの聖歌は、私の名古屋少年少女合唱団時代の憧れの大先輩の加藤佳代子さんが歌ってくださいます。無垢で心にダイレクトに語りかける佳代子さんの聖歌も、是非多くのみなさまに聴いていただきたいと思っています。

全てのプログラムを通して、私たちがこれから自分たちの未来を自分たちの力で開き築いていく力を感じられるパイプオルガンの響きをお伝えしたいと思っています。

どうか、多くの方と、この、祈りのひとときを共有できますように。

コンサートの詳細はこちら

演奏者3人の思いはこちらからお読みいただけます。

チラシはこちら()(
です。



# by mausmirabilis | 2021-10-17 12:54 | コンサート関係