風琴亭

fuukintei.exblog.jp
ブログトップ

とんで5月14日。

f0160325_09502531.jpg

ドイツから帰って1週間経ってしまいました。帰って次の日はしっかり4コマ連続魔の月曜日。
なんかかんか大学がある日は自分の時間がなかなか取れなく、ブログ止まっていてごめんなさい。

昨日と今日はマーラーの2番で津に来ています。
大谷正人先生指揮の伊勢管弦楽団。前にマーラーの8番でご一緒させて頂いたのがどうも10年前らしい。10年早いなあ。
2番は、90分だかかかる交響曲の中の最後の2分半に出番というギャラ泥棒のようなオルガニスト。
迫力のある響きを楽しませて頂いています(*^^*)


[PR]
# by mausmirabilis | 2016-05-15 09:36 | 風琴徒然

3日め、ピルニッツ宮殿

f0160325_09355719.jpg

アウグスト2世が造らせたドレスデン郊外の宮殿。この日は雨。ドイツは雨が多いので、ドイツ名物を経験して頂いたとも思いったり(^◇^;)
f0160325_09355785.jpg

時計台の下のドラゴン、欲しいなあ〜。
f0160325_09355897.jpg

今はドレスデンからインドへ渡り宮廷庭師になった人の特別展示をしているので
、恐竜みたいに大きなインド象さんの像が展示されていた。まどみちおさんのぞうさんの歌、子どもから見た象さんは多分これぐらい大きく見えるんだろうな。
ドイツ語がインド文字みたいに飾り文字風になっているのも面白い。
f0160325_09355844.jpg

ジルバーマン作のチェンバロ。
f0160325_09355852.jpg

塗りが施されたポジティフ。
両方ともコンサートで使われているみたいです。

有名な椿は、写真撮るの忘れました
(^◇^;)


[PR]
# by mausmirabilis | 2016-05-06 15:24 | 黒猫キキのドイツ旅行記

2日目午後、ナウムブルグ

f0160325_02153962.jpg

バッハがストップリストを提案し、ジルバーマンの弟子ヒルデブランドが手がけたものを当時のまま修復したオルガンを見学に行きました。私の中でも、最も素晴らしいと思う楽器で、講座の例としてもよく音源を使わせて頂いていました。
m(_ _)m
実際に聴くのは初めてです!
アシスタントオルガニストの方が丁寧に説明して下さった後、どのストップを使っているのか解説しながら演奏してくれました。
もう、最初の響きから、おお!!と感激。繊細だけどしっかりしている。心にすんなり飛び込んでくる響き。バッハの求めていた響きは、多分ロマン派の響きに足を踏み入れていたのではないかと思います。1920〜30年のロマン派とネオバロックの合間に造られた楽器にも、似たような響きの傾向があります。
1時間とあまり時間はなかったのですが、演奏台も見学できて大満足な時でした。
f0160325_02153984.jpg

キキちゃんとブタちゃん、教会の人にまあこんな子たちは初めてですと言われながらちゃっかり記念撮影してもらっていました。

[PR]
# by mausmirabilis | 2016-05-06 01:59 | 黒猫キキのドイツ旅行記

2日目 ライプツィィヒとナウムブルグ

注: 部屋のWifiが恐ろしく遅く、一枚写真をアップロードするのに朝食に行って帰れるぐらいですので、投稿にかなりタイムラグが生じます^^;;

2日目午前は中はドレスデンからバスで1時間程のライプツィヒへ!
バッハ博物館とトーマス教会、そしてアウアーバッハでの昼食^^
新しくなったバッハ博物館には私も行ったことがなく初めてだったので、楽しかったです。1日中いれそうです。偶然にも、月の第一火曜日は入場無料だとか。え、いいのいいの?と言いながら入りました。

まずは、メンデルスゾーンによって建てられたバッハ記念碑。
f0160325_15153799.jpg


そして、バッハ博物館。
f0160325_1526392.jpg

[PR]
# by mausmirabilis | 2016-05-05 15:21 | 黒猫キキのドイツ旅行記

1日目、ジルバーマンのオルガンなど。

ドレスデンに到着して、次の日はいきなりに、人口800人の村へ。
Nassauという村に、ジルバーマンのオルガンがほぼオリジナルの状態で保存されています。電気は通っているので、ふいごを踏む人は要りませんが。

歴史的なオルガンですが、私たちのグループでは誰でも弾いてください、どうぞどうぞ!って感じで。
ドイツは鷹揚です。
f0160325_238442.jpg


f0160325_6415953.jpg


午後はエルツ山脈地方で木のおもちゃを作っているFlathさんの工房を見学。
日本でもクリスマスの時期によく見かけるおもちゃですが、本当に手作りしている方たちにお会いして、細かい一部一部の部品を組み立てたり、一枚の板からとてつもなく細かい部品を切り出して磨いて、といった作業工程を見せていただき、感激。
http://www.seiffener-stuebelmacher.de

夕食はもちろんアスパラ〜!
キキちゃんとブタちゃんがクンクンクンと薫りを嗅ぎにきました!
f0160325_1545197.jpg

[PR]
# by mausmirabilis | 2016-05-05 14:01 | 黒猫キキのドイツ旅行記